1. HOME
  2. ブログ
  3. ひとつぶ小麦のコキエット – Einkorn Coquillettes

ひとつぶ小麦のコキエット – Einkorn Coquillettes

世界最古の古代小麦、ひとつぶ小麦を石臼で挽いていた全粒粉100%のパスタ。野生種だったひとつぶ小麦が初めて栽培されたのはおよそ9,000年前の新石器時代です。ひとつぶ小麦にも少なからずグルテンが含まれていますが、人工的な品種改良が一切されていないため、グルテンアレルギー等を発症しにくいと言われています。

伝統的な製法で丁寧に手づくりしています。銅製の成形器でカットすることで、生地が引っ張られて、表面に細かいヒビが入ります。乾燥するとザラザラとした多孔質な表面となり、ソースの絡みがとても良くなります。カット後、低温でゆっくりと乾かすため、旨味がグッと凝縮されています。古代小麦特有の香ばしい香りともちっとした食感が特徴です。

茹で汁を多めに使って、スープ仕立てにすると美味しいです。アーモンドミルクのほんのり甘いベシャメルソースを使ったマカロニグラタンもおすすめ。

生産者について

種まき・収穫・選別・加工まで、全て自分たちの手で行うことにこだわっている、家族経営の農家さん。1987年にリムーザン牛の牧場として開業。畑では飼料作物を栽培していた。徐々に牧場と農園を拡大し、今では様々な家畜(ベリション羊、ラコーヌ羊、ガスコン黒豚、ハイランド牛)を飼育し、高品質な食用作物の栽培にも成功している。現在は2代目のクロードさんとベアトリスさん夫婦、3代目のカリーヌさんとケヴィンさん夫婦が力を合わせて、運営しています。

原産地:アリエージュ県(南フランス)のミルポワ村
メーカー:Du Bio dans l’Assiette
賞味期限:製造から2年
保存方法:直射日光、高温多湿を避けてください。
海外有機(オーガニック)認証:ユーロリーフ/EU、AB(フランス)

原材料:ひとつぶ小麦粉、水