1. HOME
  2. ブログ
  3. 生カシューナッツ – Raw Cashew Nuts

生カシューナッツ – Raw Cashew Nuts

ブルキナファソで栽培されたフェアトレードのカシューナッツです。ノンローストだからこそ濃厚な味わいが楽しめる、カシューナッツ本来の甘みやコクを楽しめる贅沢な一品。大変厳しい基準を持つことで知られるベルギーの有機製品認証機関、セルティシス(Certisys)の認証を受けています。

【知ってましたか?カシューナッツの加工は危険がいっぱい・・・】

カシューナッツは果実からとれる種子です。果実を手作業で加工するのはほとんどの場合、生産国の女性たち。カシューナッツの生果には、アナカルディウム酸やカルドールなどの刺激成分、また青酸配糖体であるアミグダリンなどの毒物が含まれており、多くの女性は手を蝕まれながら低賃金で働いているのが現実です。

カシューナッツを食べるときは、フェアトレード商品を!

生産者

ブルキナファソにおいて、カシューナッツは、コットンと胡麻に次いで3番目に輸出量の多い農作物です。しかし、国内では加工に必要な工場設備が不足している関係で、生産量の約90%は生果まま外国の商社に売られています。殻剥き後のカシューナッツの市場価格は生果の3倍ですので、加工による付加価値をつけずに売り渡してしまうのは、ブルキナファソ人にとって不本意なことです。環境面でも、輸送距離が大幅に増え、CO2排出量が増えてしまいます。

Kasana Fruitsはブルキナファソのケネドゥ地方でカシューナッツを仕入れています。300以上のローカル生産者によって結成されたCHOUPOUBI生産者組合が収穫を行い、国内の工場で加工を行います。収穫時期(約4ヶ月)には340人分の雇用を生み出し、更に加工工場では170人の労働者を雇用しています(加工機関も約4ヶ月)。農村部の失業率は高く、住民にとって貴重な収入源となっています。加工工場では労働者(90%は女性)の安全面に配慮しています。生果に含まれる刺激成分を高温加熱によって除去して、24時間冷却させたあとに、殻割り・殻むきを手作業で行います。女性たちは手袋を装着するか、植物油を手に塗り込むことで、手肌を守っています。

2 PHOTOS

原産地:ブルキナファソ

メーカー:Kasana Fruits

賞味期限:製造から2年

保存方法:直射日光を避け、温度変化の少ない場所で密閉保存してください

海外有機(オーガニック)認証:Certisys/ベルギー

原材料:カシューナッツ100%

成分情報:(100gあたり)エネルギー:553 kcal、脂質:43.85 g(飽和脂肪:7.78 g)、炭水化物:26.89 g(糖質:5.91 g)、食物繊維:3.3g、たんぱく質:18.22 g、食塩相当量:<0.03 g

※ 農作物のため、色や形にばらつきがあります。

※ 収穫の時期などによって味が多少異なる場合があります。